youtubeもやっているので、ぜひチャンネル登録もお願いいたします(^^)/

 


 

お酒は魔物だといいます。

 

お酒に飲まれる。

 

あたかも、お酒が人を変える、かのように思われています。

 

しかし、アドラーはそれに異論を唱えました。

 

お酒が人を変えるのではなく、お酒により隠されていた、その人の本性が露呈されるようになるだけだといいました。

 

例えば、日頃は気弱で従順な人が、お酒を飲んで豹変しけんかっ早くなったとします。

 

普通の発想では、お酒により人が変わったと考えるでしょう。

 

しかし、アドラーはそうは考えません。

 

彼らはもともと、他者に対して敵対的ではありますが、素面の時はそれを上手に隠している。

 

無私と、お酒を飲んだ時の方が本物で、「酔えば抑制されずにあらわになる」だけだ、と考えるのです。

 

人は誰もが劣等感を持っています。

 

しかし、ほとんどの人はそれを隠します。

 

なぜならば、一般的にそれは好ましくないと思われているからです。

 

同様に、人は怒りを隠します。

 

このように私たちは常日頃から、共同体感覚に沿っていないと思われる行動を隠しているもの。

 

それがアルコールの力により露呈するのです。

 

お酒で醜態をさらしてしまったときは、素の自分に向き合うチャンスです。

 


最後までご拝読ありがとうございました(^^)/

 

少しでも良かったと思ったらクリックしてランキングupのお手伝いお願いします(^^)/

金融・投資ランキング



そしてyoutubeやっているので、ぜひチャンネル登録もお願いいたします(^^)/

 

youtubeでは、相場分析の内容をより分かりやすく理解いただけると思うので、ぜひ下記からチャンネル登録お願いします(^^)/

 

おすすめの記事