youtubeもやっているので、ぜひチャンネル登録もお願いいたします(^^)/

 


 

アドラーは、人間の感情を二種類に分類しました。

 

一つは「人と人を引き離す感情」、具体的には怒り、嫌悪、悲しみ、不安、嫉妬などです。

 

もう一つは、「人と人を結びつける感情」です。

 

具体的には、喜びです。

 

そして、面白いことに「引き離すこともあるし、結びつけることもある感情」として、同情と、羞恥心を挙げています。

 

これはどういう意味でしょうか?

 

同情の本来の感情は「人と人を結びつける感情」です。

 

他者の痛みや辛さを自分も同じように感じる心です。

 

ところが、えてして同情は「誤用」されることもあるのdす。

 

同情するのはやさしい人だ、との一般理解があります。

 

するとそれを利用して同情の「演技」をする、人がいます。

 

もしくは、自分が得んg気をしていることさえわからずに、同情を作り出す人もいます。

 

そして偽善者としてポイントを稼ぐ、と指摘しました。

 

このように、同情や羞恥心が偽善として「誤用」されたときに、それは「人と人を引き離す」とアドラーは言っています。

 

感情はその人が持つ共同体感覚のプラス面、マイナス面のあらわれです。

 

どうせ感情を使うのなら、喜びで人を結び付けたいものですね(^^)/

 


最後までご拝読ありがとうございました(^^)/

 

少しでも良かったと思ったらクリックしてランキングupのお手伝いお願いします(^^)/

金融・投資ランキング



そしてyoutubeやっているので、ぜひチャンネル登録もお願いいたします(^^)/

 

youtubeでは、相場分析の内容をより分かりやすく理解いただけると思うので、ぜひ下記からチャンネル登録お願いします(^^)/

 

おすすめの記事